SEO

seoの見積もりでは内訳も確認しよう

タイピング

seo業者に見積書を作ってもらう場合には、できるだけその内訳を出してもらえるようにしてください。というのは「seo対策一式」というような内訳では、何をしているのかわからないこともあるからです。中には、ほとんど何もしていない場合もあります。ドメインが若いことが理由で、十分にコンテンツがあって内部対策がされていても順位が上がらない場合などは、放置していても時間経過とともに順位が上がりやすいため、何もしないという業者もいるのです。
内訳があることによって、価格がわかるだけでなく、契約後もひとつひとつの作業について報告を求めることができます。見積もりというのは価格を見積もってもらうことがメインではありますが、その作業内容など相手側の考え方などを知る上でも大切なポイントです。また、見積書の中にわからない項目があれば、その内容についても聞いてみると良いでしょう。
確認することで知識も深まりますし、またその価格の適切さや、必要性の有無も判断できるようになります。seoは専門用語も多いのでお任せしたくなりますが、受け身の姿勢になってしまうとコストが膨れあがるので注意しましょう。逆に内訳を出すことを嫌がる業者、説明を嫌がる業者の場合、多少ブラックなseoを行う可能性がありますので、一時的に結果が出てもその後急落することもありますので、見積もりの時点でしっかり確認してください。

CONTENTS